クラウドPBXの導入費の相場は?

PBXをクラウド化!クラウドPBXの導入費は?

様々な分野でクラウド化が進む中で、「クラウドPBX」という電話システムが注目されています。

クラウドPBXとは、簡単にはPBX(電話交換機)をクラウド化すること。
通常オフィス内に設置するPBXをインターネットのクラウド上に構築する最先端の電話システムです。

クラウドPBXの導入費として初期費用が必要

大きなメリットは、PBXなどの機器が不要、さらに電話工事も必要ないので、導入費が大幅に削減できること。

しかし、当然のことながらクラウドPBXの導入費として初期費用が必要になるので、申し込みの際は注意が必要なのです。

そこで今回は、オフィスのPBXのクラウド化が実現できるクラウドPBXの導入費についてご説明いたします。

▶︎目次

1.クラウドPBXの導入費の相場は?

冒頭でも説明した通り、クラウドPBXは機器の購入・設置、電話工事が不要。

従来のPBXやビジネスフォンといった電話システムの導入では、まずリースまたは現金で機器を購入、そして機器の設置や配線などの電話工事が必要になり、規模によりますが何十万~百万円単位の導入費がかかってしまいます。

一方のクラウドPBXは、インターネット上にPBX(主装置)を構築しているので、機器の購入が不要、さらに機器の設置や配線などの電話工事が必要なくなるので、従来の電話システムと比較すると大幅に導入費が削減できます。

しかし、クラウドPBXでは機器の購入や電話工事は不要になるものの、サーバーへの登録やシステムの設定などの初期費用が導入費として必要になります。

また、当然のように月額費用は必要となり、詳しくは『クラウドPBXの月額費用相場は?』で紹介しているので、月額費用が気になる方は是非ご覧ください。

クラウドPBXの導入費の相場は?

クラウドPBXの導入費の相場

そこで、クラウドPBXの導入費として必要な初期費用の相場は、概ね10,000円~。

なぜ「概ね」なのかといえば、クラウドPBXを提供する会社によって設定がバラバラなためです。

月額料金相場のページでもご紹介していますが、

  • naisenクラウド
  • MOT/TEL(モッテル)
  • GoodLine(グッドライン)

以上3つのサービスを利用する際の初期費用をご紹介いたします。

naisenクラウド

プラン 内線数 内線通話・内線転送 初期費用
ライト(1人用) 1内線 10,000円
ペア(1~2人用) 2内線 通話無料・転送無料
プロ(中規模以上の会社向け) ~5内線 通話無料・転送無料

MOT/TEL(モッテル)

プラン チャンネル数/内線数 初期費用
スタンダード 10ch/20内線 29,800円
ミドル 10ch/50内線 39,800円
プレミアム 11ch~/51~100内線 59,800円

GoodLine(グッドライン)

プラン 内線数 初期費用
GoodLine SOHO 2内線 20,000円/契約
GoodLine ビジネス
(60内線以上は要見積)
~5内線 10,000円/契約
20内線プラン 50,000円/契約
40内線プラン 50,000円/契約
GoodCall(コールセンター向け) 10,000円/内線

以上のように、クラウドPBXサービスの提供会社によってプラン設定が異なるので、基本は10,000円~と認識していただき、契約の前は必ず見積もりは出してもらうようにしましょう。

2.まとめ

クラウドPBXに申し込みことで、オフィスのPBXがクラウド化できます。

クラウドPBXは従来の電話システムと比較すると導入費は大幅に削減できますが、初期費用は必要。

初期費用といっても工事などを行うわけではなく、サーバーやシステムの設定のための費用になります。

その相場は10,000円~が基本。
ここでは3社初期費用はご覧いただきましたが、各社でプラン設定が大きく異なるので、まずは見積もりを提出してもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です