クラウドPBXは拠点間の電話ネットワーク構築に最適!

PBXのクラウド化は拠点ネットワーク構築に最適!

PBXのクラウド化で利用される「クラウドPBX」。
基本はインターネットを活用するため、場所を選ばず電話システムが構築できるメリットがあります。

クラウドPBXは場所を選ばず電話システムが構築可能!

そのため、小規模オフィスでも便利に利用できますが、特に全国各地に複数の拠点を構えている企業では、拠点間のネットワークが構築できる電話システムとして、クラウドPBXは最適なサービスなのです。

そこで今回は、なぜクラウドPBXが拠点間のネットワーク構築に最適なのかご説明いたします。

▶︎目次

1.クラウドPBXは拠点間の電話ネットワーク構築に最適!

PBXのクラウド化で利用されるのが「クラウドPBX」。

クラウドPBXは、通常オフィス内に設置するPBX(主装置)をインターネット上に構築し、インターネットを介して通話やデータ通信を行う今注目の電話システム。

現在では、多くの事業者からクラウドPBXサービスが提供され、小規模オフィスは勿論、大規模オフィスでも活用されるようになっています。

クラウドPBXは拠点間の電話ネットワーク構築に最適!

クラウドPBXは機器の購入&電話工事が不要!

従来のPBXやビジネスフォンは、電話機や主装置といった機器を購入し、オフィスに導入するには機器の設置・設定、配線などの電話工事が必要になり、規模によりますが何十万~百万円単位の費用がかかってしまいます。

それは、拠点を構える際にも、電話回線を利用するために拠点ごとにPBXを設置しなければならないので、その都度高額な導入費用が必要になってしまいます。

そこで、クラウドPBXはインターネットを介してサービスを利用するため、機器の購入は勿論、電話工事も不要なのです。

クラウドPBXで必要なものと言えばインターネット環境だけ。
現代のオフィスはネットワーク構築が必須なので、合わせてクラウドPBXを導入すれば、電話を含めたネットワークが全て整えられます。

拠点間の内線化が実現しメンテナンスも不要!

通常、離れた拠点への電話は外線でかけますが、頻度が多くなればその分毎月の通話料金は高くなってしまいます。

そこで、クラウドPBXを利用すれば、全国どこでも内線で電話がかけられるので、どんなに離れた拠点でも通話料無料で電話ができるのです。さらに、全国のシステムを本店で一括管理も可能に。

また、PBXを導入する際、任意ではありますが保守契約を結び、修理対応やメンテナンスをその都度依頼する必要があります。

一方のクラウドPBXは、インターネット上のPBXはサービス提供会社が管理・運用を行っているので、メンテナンスもサービス提供会社で行われます。

そのため、クラウドPBXは管理・運用の手間や修理やメンテナンスに関わる費用が一切必要ないのです。

以上のように、全国各地に拠点を構えている企業でクラウドPBXを導入すれば、その都度必要な導入費用や、月々の通信コストの削減にも繋がり、拠点間の通話はすべて内線通話で対応できるので業務効率の面でも大きなメリットが得られます。

2.まとめ

各地に複数の拠点を構える企業では、電話を含めたネットワークの構築に多大な費用を費やしています。

従来のPBXやビジネスフォンの導入では、規模によっては百万円単位の費用がかかるケースもあり、導入費が問題になることも。

そこで、クラウドPBXを電話システムとして導入すれば、導入費や通信コストの削減、さらに業務効率化にも繋がっていきます。

ただし、クラウドPBXでは初期費用や月額料金が必要になるので、導入する際は見積もりを提出してもらい、長期的な利用を考慮して、従来のPBXにするかクラウドPBXにするのか決めるのが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です